2015-12-8
1940年代、50年代と60年代のコンセプトカー (アメ車) Concept Cars of the '40s, '50s and '60s 今日は、1940年代~60年代のコンセプトカーを紹介します。 アメリカ車は、広大かつ様々な気象・地理的条件の違いを持つ 都市間移動の長距離走行を念頭においているため、 全般的にボディサイズは大きく頑丈に作られている。 また州間高速道路を筆頭とするハイウェイでの高速巡航と、 荒れた舗装路が中心で時に未舗装区間の出現すら珍しくはない 田舎道における悪路走破性という相反する要求を両立させるため、 タフな車体に大排気量エンジンを搭載し、比較的高めの車高、 偏平率の大きなタイヤ、(荒い路面からの衝撃を和らげ長距離走行にも適した) ソフトなサスペンションが組み込まれている。 そのため一般的なアメリカ車の印象は(アメリカ映画の影響も多分にあるが)、 燃費が悪く小回りが利かない、がしかし少々手荒に扱っても 動いてくれるタフで大きな車といったイメージが強い。

デザインについては、1960年代までを除き概して上級セダン並びに大衆車は 大柄で直線主体、アメリカ人らしい実用性を重視したスタイルを踏襲している一方で、 SUVやバン、スポーツタイプになるとアメリカ人の趣味性が生かされ 量感あふれるマッチョなスタイル、曲線を大胆に取り入れたコークボトル(コカコーラの瓶) スタイルなどグラマラスなボディーが支持され、これらのスタイルと 大排気量エンジンとの組み合わせは、いかにもアメリカンテイストを象徴するものとなっている。 コンセプトカーということもありどの車も自由で斬新なデザインです。 そのまま、ウルトラ警備隊のようなデザインもあり目を奪われます。 「シェア」「コメント」頂けたら嬉しいです!

新規コメントの書き込み

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)